top of page
  • 執筆者の写真HARUKA

新年度の新しい試み

新年度が始まり、早くも1か月が経ちました。

早いですね。


今年度、一つ新しい試みをしていることがあります。


レッスンの際に、以前から気になっていたのが、

ワークブックなどの書く作業の際にどうしても、

集中できない子や、どう見ても書きづらそうに書く子がいることです。

みんながみんなではないですし、私の個人的な意見ですが

そういった子に共通しているのが、姿勢が悪いことです。


今までは、「しっかり座ろう!」と促し、

おしりをいすにぺったんとつけ、

身体の中心に書く部分が来るように、

直してあげていたのですが、しばらくするとまた元に戻っています。


そこで、問題は足がぶらぶらしてしまうことに

あるのかもしれないと思いました。

学校ではそれぞれの身長にあった机といすを使いますが、

ここでは小学1年生から、高校生や大人までが

同じ机といすを使ってレッスンを受けるので、限界があります。

今までは、机の高さを通常のテーブルより3センチほど

下げて使っていましたが、これ以上低くするのは、

身長の高くなった生徒たちには厳しいところであります。


環境がそろっていないのに「ちゃんと座ろう!」は

いけなかったなと私自身が反省しました。


ヒントになったのは、私が小学生の時に習っていたピアノの教室です。

そこではある程度の身長になるまで足を置く台を使っていたことを思い出しました。

そこで、春休みの間にDIYで足を置く台を作り、

背の低い子たちが足を置けるようにしました。


そして、4月のレッスンから、必要と思われる子には

足の台を使ってもらっています。

はじめは滑ってしまい足で台を蹴ってしまうことがあったため

滑り止めのゴムをつけたり改良しながら、使ってみています。


これで少しでも、集中して書くことができる子が

増えるといいなと期待しつつ、改善点があれば

改良していきたいなと思っています。


せっかく同じ時間を使うのであれば、集中できる方が

子どもたちにとってプラスになりますからね。


To be honest, もの作りが好きなので、作るのはとても楽しかったです。

木の箱が足置きです。


閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生徒たちのうれしい声

先週の日曜日、東大沼4丁目教室の4歳~中3までの生徒たちは ECC児童、中学生英語検定の面接試験に挑んできました。 毎年やっていても緊張で固まってしまう子、 外国人の先生とお話できることを楽しみにしている子、 満点をねらってがんばっている子 と、さまざまです。 今回の面接テストは30点満点。 12月に行った筆記試験と合わせて100点満点の試験です。 そして、これまでのレッスンの中で この試験に向け

本年もよろしくお願いいたします

みなさま、2024年もどうぞよろしくお願いいたします。 この冬休みはいかがお過ごしでしょうか。 私は、年末は手芸・読書・ドラマ&アニメの一気見に時間を費やし、 三が日は、テレビの前で駅伝三昧。 はらはらドキドキしながら手に汗を握りつつ、応援しました。 それでも毎日エクササイズはできたので、 お正月太りは、何とかセーフといったところでしょうか。 しかし元日からの能登半島の地震、心が痛みます。 私ごと

長期で成長を見守る

朝、寒くなってきて、ずっと布団の中ですごしたい気分なこの頃です。 今日は、生徒たちの成長を感じ、 見守れるECCジュニアの先生というのは いい仕事だなと感じずにはいられないお話です。 ECCジュニアの教室には 広い年齢層の子どもたちが通っています。 そして、長く続ける子が多いので、 みんなの成長を見れるのが楽しいんです。 まずは英語の成長です。 多くの生徒たちや、保護者の方たちは 今やっていること

rabbit1

神奈川のECCジュニア教室

卒業生&その保護者様の

アンケート結果は

​こちら!!

2022年度

英検Ⓡ合格実績は

​こ

bottom of page